技能者登録

対象

建設工事に従事するすべての者の他、現場の施工に携わる技術者も登録可能です。

一人親方は、事業者登録と技能者登録の両方が必要になります。

資材の納入業者の従業員、交通誘導員も登録可能

提出書類

  • 本人確認書類(写し)
     マイナンバーカードまたは運転免許証、外国籍の方は特別永住者証明書または在留カード。
     上記の書類が提出できない場合は、パスポート+住民票。パスポートの写しも提出できない場合は、氏名、生年月日、現住所が確認できる公的身分証明書2点(本人による窓口申請のみ)
     本人確認書類(氏名・生年月日・現住所のすべてを確認できる公的身分証明書)を提出しない場合は、建設キャリアアップシステムの申請方法が窓口申請のみになります。窓口申請は、技能者本人による窓口申請が必要であり、なおかつ所属事業者の代表者の同行と、所属事業者の代表者による、申請するご本人の主たる所属事業者であることを証明する「技能者の所属に関する証明書」が必要になります。また、建設キャリアアップシステムに登録される本人確認レベルが区別され、建設キャリアアップカードの有効期限が3 年になります。
  • 顔写真(カード用)
  • 加入社会保険等確認書類
  • 保有資格、研修受講、表彰の証明書類
  • 料金払込票の振込受領書

申請方法

① インターネット申請

② 郵送申請

⓷ 窓口申請

技能登録料

・インターネット申請 2,500円 ※1年当たり250円

・郵送・窓口申請 3,500円 ※1年あたり350円

※ 60歳以上の技能者の特例措置

 ① 登録料は2,000円

  (令和5年3月までにインターネット申請した者)

 ② カードの有効期間は15年

カードの有効期間

10

(本人確認書類が未提出の場合は3年)

登録情報を閲覧できる者

技能者本人及び雇用する事業者の他、技能者本人と雇用する事業者が同意した範囲内で、システムに登録した他の事業者が閲覧することも可能となります。

また、工事期間中は、元請事業者と上位下請は、現場に入場している技能者の情報を閲覧することができます。

変更・更新・退会

氏名や住所、電話番号、所属事業者、社会保険等、登録データの変更があった場合には、登録データの変更申請が必要です。また、カードの更新時には更新申請、退会を希望する場合は退会申請が必要になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加