経営事項審査の審査項目及び基準の概要

許可業種別に審査し、総合評定値を付与するが、業種ごとに数値が異なる審査項目は下表の水色部分である。その他の項目は、一の建設業者全体について審査する事項であるため、業種にかかわらず共通の点数となる。

項目区分ごとの評点については、計算上の最高点・最低点である。

項目区分 審査項目 項目区分ごとの点数 ウェイト
①経営規模
(X1,X2)
  • 完成工事高
    (直前2年又は直前3年の平均完成工事高のいずれかを選択した上で業種別に審査)
  • 自己資本額(=純資産額)※
  • EBITA(税払前税引前償却前利益=営業利益+減価償却費)
  • X1の点数
  • 最高点(1,000憶円以上)2,309
  • 最低点(1,000万円未満)397
X2の点数
最高点2,280
最低点454
  • 0.25
0.15
②経営状況
(Y)
  • 純支払利息比率
  • 負債回転期間
  • 売上高経常利益率
  • 総資本売上総利益率
  • 自己資本対固定資産比率
  • 自己資本比率
  • 営業キャッシュ・フロー(絶対額)
  • 利益剰余金(絶対額)
Yの点数
最高点1,595
最低点0
0.2
⓷技術力
(Z)
  • 技術職員数(業種別に次のように点数化して審査)
    ・1級監理受講者…6点
    ・技術者資格1級…5点
    ・レベル4の建設技能者…3点
    ・基幹基幹技能者…3点
    ・レベル3の建設技能者…2点
    ・技術者資格2級または技能士1級…2点
    ・技能士2級同等有資格者+実務経験…1点
    ※ 審査基準日以前に6か月を超える恒常的雇用関係がある者に限定
  • 元請完成工事高(業種別)
  • Zの点数
  • 最高点(15,500点以上)2,441
  • 最低点(5点未満)456
  • 0.25
④その他の審査項目(社会性等)
(W)
  • 労働福祉の状況
  • 営業継続の状況
    ※ 再生企業に対する減点措置あり
  • 防災活動への貢献の状況
  • 法令順守の状況
  • 建設業の経理の状況
  • 研究開発の状況
  • 建設機械の保有状況
  • 国際標準化機構が定めた規格による登録の状況
  • 若年の技術者及び技能労働者の育成及び確保の状況
Wの点数
最高点1,966
最低点-1,995
0.15
※ 自己資本額 →審査基準日現在の自己資本額又は直前2期の各営業年度末における平均自己資本額のいずれかを選択

総合評定値(P)=0.25(X1) + 0.15(X2) + 0.20(Y) + 0.25(Z) + 0.15(W)

総合評定値(P)の点数 最高点2,143 最低点-18

評価指標の特徴

X1 工事種類別年間平均完成工事高

評点算出方法

  • 業種別完工高(2年/3年平均)を計算 ←有利な方を選択
  • 完工高テーブルにあてはめてX1評点を算出

X2 自己資本及び平均利益額

評点算出方法

  • 自己資本額(単年/2年平均)←有利な方を選択
  • 平均利益額(営業利益+減価償却実施額)2年平均を計算し、評点X22を算出
  • X2=(X21+X22)/2
Y 経営状況分析点

経営状況分析

Z 技術力評点

評点算出方法

  • 技術職員数値を算出し、Z1を算出する。
  • 工事種類別年間平均元請完工高(2年平均/3年平均)を計算。元請完工高テーブルにあてはめてZ2評点を算出
  • Z=0.8 × Z1 + 0.2 × Z2
W その他審査項目(社会性等)

→ その他審査項目

このエントリーをはてなブックマークに追加