新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン

国土交通省は令和2年5月14日、建設業における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドラインを策定しました。概要は以下の通りです。

講じるべき具体的な対策

健康確保

  •  従業員や作業員(元請・下請問わず。一人親方を含む。以下同じ。)に対し、出勤前に、体温や新型コロナウイルスへの感染を疑われる症状の有無を確認させる。体調の思わしくない者には各種休暇制度の取得を奨励
    する。また、勤務中に体調が悪くなった従業員・作業員は、必要に応じ、直ちに帰宅させ、自宅待機とする。
  •  発熱等の症状により自宅で療養することとなった従業員・作業員は毎日、健康状態を確認した上で、症状がなくなり、出社判断を行う際には、学会の指針等を参考にする。症状に改善が見られない場合は、医師や保健所への相談を指示する。
  •  従業員・作業員に対して、休日はしっかりと睡眠を取り、休養に努めるよう求める。

建設現場における対応

  •  現場入場時の体温測定等、個々の建設現場において適切な健康管理を実施する。
  •  現場状況等を勘案しつつ、消毒液(アルコール等)の設置や不特定の者が触れる箇所の定期的な消毒を実施する。
  •  現場でのマスクの着用や手洗いを励行する。
    ※気温の高い建設現場においては、熱中症に留意する。
  •  朝礼・点呼や現場事務所等における各種の打合せ、更衣室等における着替えや詰め所等での食事・休憩等、現場で多人数が集まる場面や密室・密閉空間における作業等においては、他の作業員とできる限り2メートルを目安に一定の距離を保つことや、作業場所の換気の励行等、三つの密の回避や影響を緩和するための対策に万全を期す。
  •  事業所内に感染防止対策を示したポスター(保健所等の連絡先を明記することが望ましい)やロゴ、看板を設置し、「三つの密」回避等の意識向上と作業姿勢の定着を図る。
  •  内装工事や仮設昇降機内などで閉鎖もしくは狭い空間に多人数が集まる場面では、マスク着用は元より、工事エリアごとに区画を設定し、人数制限を設けるほか、扉・窓の開放による自然換気、換気装置の設置など
    により、感染を予防する。
  • ドアノブ、電気のスイッチ、パソコン、タブレット、工具、手すり、エレベーターのボタン、ゴミ箱、電話、共有のテーブル・いす等の共有設備について、洗浄・消毒を行う。
  •  特に、重機や車両のハンドルや操作レバー等複数の従業員が頻繁に触れる箇所についてはこまめに消毒を行う、必要に応じ、車両運転時に使い捨てのゴム手袋等を着用する。
    ※設備や器具の消毒は、アルコール(エタノール又は2-プロパノール)あるいは0.05%の次亜塩素酸ナトリウム溶液等、当該設備・器具に最適な消毒液を用いる。
    ※60%のアルコール濃度の製品でも消毒効果があるとする報告もあることから、アルコール(エタノール又は2-プロパノール)(70%)が手に入らない場合は、エタノール(60%台)による清拭も許容される。
  •  ゴミはこまめに回収し、鼻水や唾液等がついたゴミがある場合はビニール袋に密閉する。ゴミの回収等清掃作業を行う作業員は、マスクや手袋を着用し、作業後に手洗いを徹底する。

建設現場への移動・立ち入り

  •  現場の状況に応じ、作業員を複数班に分け、入場時間や退場時間を一定時間ずらす。
  •  建設現場に車両で移動する際には、車両数を増やす、近隣に借地し駐車スペースを確保する等により、同乗・相乗りを可能な限り避けるようにする。
  •  不要不急な部外者の立ち入りは行わない。
  •  取引先等の外部関係者の立ち入りについては、当該者に対して、従業員に準じた感染防止対策を求める。
  •  このため、あらかじめ、これらの外部関係者が所属する企業等に、建設現場やオフィス内での感染防止対策の内容を説明する等により、理解を促す。
  •  不要不急の現場見学会は控える。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です