平成31・32年度入札参加資格審査申請について(横浜市)

 横浜市では、2年に一度、一般競争入札及び指名競争入札に参加する者に必要な資格の審査申請(以下「定期申請」といいます。)を実施し、これに基づき一般競争入札有資格者名簿(以下「名簿」といいます。)を作成しています。平成31・32年度の定期申請の概要は以下の通りです。また、定期申請と名簿の取扱いが変更されました。

1 平成31・32年度定期申請概要

(1) 受付期間
平成30年10月1日(月)から平成30年10月19日(金)まで(土、日及び祝日を除く。)
(2) 受付時間
午前9時から午後8時まで
(3) 受付資格区分
「工事」、「物品・委託等」及び「設計・測量等」
(4) 有効期間
平成31年4月1日から平成33年3月31日まで

2 平成31・32年度定期申請における主な変更内容

(1) 平成31・32年度名簿の適用時期の変更

 平成31・32年度名簿は、平成31年4月1日以降に公告又は指名等を行う案件から適用されます。これに伴い、平成31年度当初に契約するために平成31年3月31日までに公告又は指名等を行う案件(以下「早期発注」といいます。)においては、平成31・32年度名簿ではなく平成29・30年度名簿に登載されていることが入札参加資格とされますので、早期発注に参加予定の方は、必ず平成29・30年度名簿に登載されていることを御確認ください。
 なお、現在、平成29・30年度名簿に登載されていない方が早期発注に参加するためには、今回の定期申請とは別に、平成29・30年度名簿登載のための申請が必要となります。

(2) 工種「土木」における細目「水道施設工事」の追加(「工事」)

 資格区分「工事」における工種「土木」に新たに細目d「水道施設工事」を設けられます。

ア 細目d「水道施設工事」で発注予定の工事
 水道施設の築造や補修(ろ過地更生工事を含みます。)、解体等の工事を、「水道施設工事」として発注されます。
イ 経過措置等
(ア) 平成31・32年度定期申請
 経過措置として、許可及び経審を受けるべき建設業の種類が「土木工事業又は水道施設工事業」とされます。
(イ) 平成33・34年度定期申請
 許可及び経審を受けるべき建設業の種類が「水道施設工事業」とされます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年7月24日