社会保険加入が建設業許可要件になると言うけれど

社会保険加入が建設業の許可要件になります!

と色んな所に書いてあるけれど、実際のところ法律はどう変わるのか調べてみました。

令和2年10月1日から施行される改正された建設業法の話です。

ちなみに、社会保険加入が許可の要件となるのは、加入義務のある事業者の場合です。

法律にはそんなこと書いていない!

いや、ヒントは書かれてました(改正後の建設業法7条1号)。

しかし、その解釈が省令にぶん投げられてて、社会保険のことはその省令に書かれるようです。省令を探してみると、

省令が見つからない!

省令案の概要は見つかりました(出典:e-Govウェブサイト(://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000202101))。省令を作る前にパブリックコメントでみんなに意見を募集するものに添付されていました。

たぶん、このまま省令になるんだろうなと思いつつ、10月1日施行で、これを書いてる時点(8月8日)でこの状態で大丈夫なのだろうか。

よくよく調べてみると、改正される建設業法には附則というものがついていて、それには「従前の許可の効力には影響しないよ」と書かれていました(令和元年法律第30号の附則2条2項)。

要するに、10月から許可申請(更新を含む)をする場合に適用されるもので、既に許可を持っている(社会保険加入義務のある)建設業者が社会保険に加入しないまま10月に突入したからといって許可取り消しになるようなものではないようです。

それでも、もう施行まで2か月を切っているのだから、早めに形にしてアナウンスしていただきたいものです。

今回分かったこと

  • 社会保険加入は建設業法を受けた建設業法施行規則に規定が設けられる。
  • 従前の許可の効力(申請中を含む)には影響しない。
  • 10月以降に建設業許可の申請(更新を含む)をする場合に適用される。

雑文失礼いたしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です