軽微な工事に主任技術者は必要?

建設業法26条1項では、建設業者は、請け負った建設工事を施工するときは、主任技術者を置くことを義務付けています。ここで言う「建設業者」とは、許可を受けて建設業を営む者を言います(法2条3項)。法26条1項では、主任技術者を置くべき建設工事を限定していないため、建設業者が許可の適用除外となる軽微な建設工事(法3条1項ただし書・令1条の2)を施工する場合においても主任技術者を置く必要があるように読めます。軽微な建設工事は、許可業種の場合と、それ以外の場合があり、いずれの場合も主任技術者を配置する必要があるかを考えてみます。

この点、法26条の2では軽微な建設工事を除外していることを考えると、同じ趣旨目的を持つであろう法26条1項も軽微な建設工事については適用を除外していると考えることができます。さらに、法1条の目的でもある発注者保護の観点から見ると、法26条1項が「建設業を営む者」ではなく「建設業者」としているのは、建設業許可の対象となる請負契約に関する工事についてのみ主任技術者を配置することを求めていると考えることができます。特に、許可を得ていない工事業種の場合は、主任技術者の要件を満たす者は専任技術者にもなれるので、その人材がいるならその業種の許可を得ていると考えるのが自然であり、主任技術者を新たに用意することまで法が要求しているとは考えにくいと言えます。

一方で、主任技術者を一律に配置することは許可を得た者の責務であるとも考えられます。また、建設工事の施工は、工事現場における技術上の管理をつかさどる主任技術者を欠いて施工することは不可能であり、法の規定する技術者の資格の水準がいわば最低条件を求めていること、法26条の2が一人は主任技術者を配置することが前提になっていることを考えると、軽微な建設工事の施工についても主任技術者の配置は必要と考えることもできます。また、法1条は建設工事の適正な施工の確保や建設業の健全な発達の促進も目的としており、その観点から言っても主任技術者を配置することが必要であると考えられます。

私の考える結論としては、法律上は主任技術者を置くべき建設工事に限定がされていないので、軽微な建設工事についても主任技術者を置く必要があると考えます。しかし、許可を得ていない工事業種に関しては、主任技術者の確保が難しく、許可を持っていない場合は適法に施工できるのに許可を持ったことで違法になるのは発注者の保護を超えた施工者の責務と言えるので、主任技術者を置く必要はないと考えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です