施工管理

起工測量
 工事着手後、直ちに工事測量を行い、必要に応じて結果を監督員に提出します。
書類:水準測量成果表
予想出来形展開図の提出
 設計図書を基に起工測量の結果を考慮して、必要に応じて予想出来形展開図を作成し、監督員に提出します。
書類:平面展開図、縦断図、面積計算表
施工協議
 設計図書と工事現場の状態が一致しない場合や設計図書に誤りがある場合、また発注者の自発的意思により工事内容の変更等が必要と判断された場合は発注者と請負者で協議する必要があります。
書類:工事打合せ簿
指示
 監督員が請負者に対し、工事の施工上必要な事項について書面をもって支持し、実施させること
承諾
 契約図書で明示した事項について、発注者もしくは監督員又は請負者が書面により同意すること
協議
 書面により契約図書の協議事項について、発注者と請負者が対等の立場で合議し、結論を得ること
提出
 工事に関わる書面またはその他の資料を説明し、差し出すこと
提示
 工事に関わる書面またはその他の資料を示し、説明すること
報告
 請負者が監督員に対し、工事の状況又は結果について書面をもって知らせること
通知
 工事の施工に関する事項について書面をもって知らせること
使用材料の承認願
 工事で使用する材料については、予め発注者の承認を受ける必要があります。
施工検査
 各施工段階において施工計画書に基づき、出来形検査を行い、監督員の検査(段階確認)を受けます。
品質管理
 所定の品質が確保されていることを確認するため各種試験等を実施して、そのデータを管理します。
工事写真
工事黒板には、工事件名、工事場所、撮影場所、出来形測定の場合の設計値・実測値等を記入する。
  • 施行前、完成
    ・工事箇所の終結点、各測点等全体が分かるように撮影する。
    ・着手前、完成と対比して分かるように撮影する。
  • 状況写真
     施工状況が分かるように撮影する。
  • 出来形写真
    ・測定値が分かるように撮影する。
    ・出来形管理図表の基になるので、注意して(寸法記載の間違い等)撮影する。
  • 品質管理写真
     品質管理項目に記載されている写真を撮影する。監督員の立会いがあった場合はその立会い者氏名も併せて記載する。
  • 被災状況写真
     現場で事故又は被災状況があれば適宜撮影する。被災の日時、状況が分かるように撮影する。また、復旧状況や復旧完了写真も併せて撮っておく。
  • その他
    ・各月の履行報告書に添付する現場の状況写真等
    ・安全訓練等の写真
    ・工事保安用資機材やガードマン配置状況
    ・その他必要と思われる写真は適宜撮っておく。
履行報告
 発注者の要求により、その時点までの実施状況、及び今後の施工予定について報告します。建設リサイクル法の対象工事では、特定建設資材の再資源化等が完了したときは、「再資源化等報告書」を提出します。
書類:工事履行報告書、再資源化等報告書、再資源仕様実施書
週間工程表(毎週)
 工事週間工程表は、監督員が工事の進捗状況を1週間谷で把握できるとともに、受注者は監督員の立会の日程調整を円滑に進めることができる利点があるため、使用することが羨ましい。
 監督員との協議により週間工程表を使用する場合は、毎週末にFAX又は電子メールで監督員に送付する。
 なお、工事週間工程表は、検査時に提出・提示は不要とする。
段階確認書(適宜)
 「段階確認」とは、設計図書に示された施工段階において、監督員が臨場等により、出来形、品質、規格、数値等を確認すること。受注者は「段階確認一覧表」に示す確認時期において、段階確認を受けなければならない。受注者は、事前に段階確認にかかわる報告(種別、細別、施工予定時期等)を所定の様式(段階確認書)により監督員に提出しなければならない。
立会い願い(適宜)
 「確認」とは、契約図書に示された事項について、監督員、検査員または受注者が臨場もしくは関係資料により、その内容について契約図書との適合を確かめることをいう。「立会」とは、契約図書に示された項目において、監督員が臨場により、その内容について契約図書との適合を確かめることをいう。
 共通仕様書において「段階確認一覧表」以外で監督員の確認を要するとされた事項や工事の内容により監督員が確認・立会を必要と認めたものについて「確認・立会願」に基づき行う。

このエントリーをはてなブックマークに追加